ERP導入の準備ができている5つの兆候

「もっと速くビジネスを拡大できないか?より効率的な方法はないか?リソースをより無駄なく活用するにはどうすればいいか?」

これらの質問は、ビジネスリーダー、経営幹部、発明家、革新者が常に唱え続けてきた質問です。テクノロジーが発達した現代では、これらの質問には多く回答があります。その1つがERP(基幹)ソフトウェアです。

新しいERPプロジェクトに飛び込むのは、時に刺激的であり、また恐ろくもあるかもしれません。現実的には、旧システムから 信頼性の高い 新しいERPソフトウェアに移行するプロジェクトには、明確な戦略が必要になってきます。そこで、新しいERPシステムの導入が必要になってくる兆候について、さまざまなシナリオをリストにまとめてみました。

混乱の多いプロセス

飛行機で乱気流を経験した時、すぐに起きる不安を想像してみてください。この種の突然の不安は、企業においても、確立されたプロセスが明確に定義されておらず、役割が明示的に述べられていない状況でも見られます。不適切なプロセス設計の結果、誤った管理データ、在庫エラー、スケジュールの遅延、作業の過負荷などにつながる可能性があります。

効果的なERPソフトウェアを使用する事で、ビジネスプロセスや手順が明確に定義・改善されます。ビジネスのタスクが明確に定義される事で、全体的な運用の向上につながるデータの取得や、 より効果的な意思決定が可能になります

ERPシステムを導入することにより、望ましくないプロセスを排除し、混乱してたビジネスを安定させます。 この種の決定により解決できる問題は無限にあり、組織内の生産性や効率に多大な波及効果を持つ可能性があります。 

データが多すぎる

継続的なデータの取得がますます標準的になる中、データ管理の課題はますます難しくなっています。特に大企業または成長が目覚ましい企業では、大量のデータ処理が自然と必要となる為、この課題への対応は急務と言ってよいでしょう。

ERPは、ビッグデータを念頭に置いたプログラミング言語で設計されており、お客様のビジネスの全体的な流れや、内部の文書化プロセスを改善することができます。さらに、必要な関連データの管理もほぼすべて自動化できます。

例えば、数百もの方程式があり、それらをすぐに計算しなければならない状況を想像してみてください。 これだけの膨大なデータを管理・解釈するには、 鉛筆や紙を使ったり、電卓を叩いてるようではとても追いつきませんので、Excelなどの機能的なコンピューティングシステムが必要となります。それは企業にとっても同じで、さまざまな業種に大量のデータがある場合、それを管理、解釈、アクセスできるように構築されたシステムが必要です。

連携が取れてない状況

例えば、いくつかの部門があるビジネスを経営しているとしましょう。製造部門、在庫管理部門、オンライン小売部門があるとします。そして、これらすべてが異なるソフトウェアでそれぞれ情報の追跡や記録をしてたら、部門間の連携が取れず、悲劇的な状況に陥る事は想像に難くないです。

例えるなら、異なる言語で話す見知らぬ人と伝言ゲームをするようなものです。最初の1、2回はメッセージの意図をくみ取る事ができるかもしれませんが、やがて深刻な勘違いや無駄な労力に繋がってく事は想像に難くありません。

それでも仮りに、現在のやり方で一応は上手くいってるとしても、将来的なビジネスの効率化や拡張性を考慮するなら、部門間のシームレスなコミュニケーションと連携を可能にするERPは避けては通れなくなります。これにより、多くの時間・お金・エネルギーの節約が期待できるからです。

Microsoft DynamicsのようなERPは、互換性の問題を最小限に抑え、ビジネスの拡張を最大限に支援します。

顧客の注文が混乱をきたしてる

複雑な在庫管理システムが好きな人はいないでしょう。入荷待ちの商品、クレジットカードの承認を待っている注文、特殊な注文など、混乱を招きやすい状況はいくらでも想像できます。

B2BでもB2Cでも、商品を販売する際、顧客の注文が得てして異様に複雑になりやすいのはよくある話です。

「在庫状況はどうですか?」「どんな発送が可能ですか?」「これはもう出ましたか?」

標究極的には、注文を円滑に処理し、顧客を満足させる事が最終目標です。 そして、それこそがERPの最も役立つ部分です。ERPを使う事で、部門・製品・従業員の管理が格段に容易となります。これにより、企業は重要な指標・入力・その他の必要な情報を簡単に追跡できます。また、明確に定義されたシームレスなワークフローを実現し、異なる部門同士で相互参照もできます。

適切に導入されたERPは、業務内の混乱を減らし、ビジネスの全体像を把握するのに役立ちます。

ERPという解決策

常に問題は起こりえます。ただ、重要なのは、そういった問題に備え、そこから派生しうる被害を最小限に抑える準備がある事です。

「準備を怠る者は、失敗する準備をしてるのだ。」

ベンジャミン・フランクリン

予め起こり得る問題に備えた環境を用意する事で、本業の成長に集中する事が可能になります。ERPソリューションは、業務や人的リソースの最適化、テクノロジーの強化を念頭に作成されており、ユーザートレーニングの改善、IT管理の時間節約、新しいチームメンバーのシステムへの順応、またはクラウドベースのソリューションでの情報のホスティングなど、幅広い効果が期待できます。

まとめ

ERPの導入またはデータ移行プロジェクトに興味がある場合は、カルソフトのような専門のパートナーをご検討ください。弊社プロジェクトチームの専門家たちは、数多くのERP導入(オンプレミス、クラウド共に)を成功に導いてきました。データの移行、ERPの選択、ERPベンダーの選択など、あらゆるご質問に対応いたします。

Write a comment